Information

基本情報を
まとめました。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 基礎知識
  4. スマカクの料金プラン解説

スマカクの料金プラン解説

スマカクでは《料金シミュレーター》をご利用頂くことで自動計算されるようになっています。

この記事では料金シミュレーターの使い方をはじめ、どのプラン内容を選べばいいのかなど、プラン内容について解説しています。

Contents

ご利用開始までの流れ

スマカクでは事前にご不明点を解消した上でご利用開始となっています。

ご利用に関してのアンケートや利用規約など、相互認識にズレが生じないような対策をしていますが、メインがメッセージアプリでのやり取りとなるので、誤解が生じやすいのも事実です。

スマートくん
スマートくん

以上のことから、円滑にやり取りが出来るかどうかも重要になってきます。こちらに関しては皆様のご理解とご協力をお願いしています。

事前に必ずホームページを確認

『事前ZOOM通話』や『初回ZOOM通話』では、事前にお伝えしているページをご覧になっている前提で通話を行っています。ご案内がスムーズに進める為に、必ずご覧になった上で事前ZOOM通話にご参加下さい。

予め確認して頂きたいページ

これらのページをご確認頂くと、ご自身の状況や確定申告の必要性、スマカクのサービス内容などの大部分をご理解頂けると思います。

スマートくん
スマートくん

ご自身でホームページ上のスマカクのサービス内容を確認して頂くことで、本来数時間は掛かってしまう事前ZOOM通話での案内を最小限にしています。

記事のサービス案内で、サービス内容の説明の大部分を省略出来ることでスマカクの料金は抑えられているんだね!

年間サポートプラン

スマカクでは3段階の年間サポートプランをベースにサービスをご提供しています。

サービス内容はコンセプトページや料金プランページなどに記載されている通りですが、確定申告までに必要な会計知識などを網羅的にサポートしています。

会計カリキュラムや経営サポート

スマカクの強みは帳簿作成の代行だけでは無く、会計カリキュラムを含んだサポートにあります。会計知識や節税情報、経営に関わるもの、会計事務所でしか出回らない情報までご用意しており、有料級の情報をご提供しており、日々アップデートを続けています。

ご利用者様からの質問によって新しく記事を作成したりと、柔軟に対応していますので積極的にご活用ください。

共有タイミング

一度にすべての記事を共有しているわけではなく、不定期でこちらから共有しています。

スマートくん
スマートくん

はじめは全員何もわからない状態でスタートします。スマカクを通じて徐々にステップアップしていきましょう!

無料公開している会計カリキュラム記事

会計カリキュラムの体験として、ツイッターなどでリツイートして頂くことで無料で公開している簡易会計カリキュラムの記事もありますので、ご興味がありましたらツイッターのDMよりご連絡下さい。

こちらのポイントせどりの会計の考え方を解説した記事など、他にも多数共有させて頂いております。

ご利用継続で年々お得に

個人の会計事務所は、ドアノックツールとして安価な料金表を提示して、毎年の契約更新のタイミングで顧問料やその他の料金を徐々に値上げしていくのはおよそ一般的なやり方です。

スマカクではご利用継続年数ごとに料金が下がっていく方式を採用しています。

スマートくん
スマートくん

『顧問料を値上げする理由付け』を日々探している税理士も多く、軽減税率やインボイス制度の導入などを理由に大幅値上げしたところも多かったようです。

一度契約したら心理的にも解約しにくい

これはなぜ起こるかというと、経理の一部を任せている税理士を変更することは、再度事業に関して1から説明をしなければいけなかったりと、時間的負担、精神的負担は想像以上に大きいから諦めやすい、ということを知っているからです。

一度契約した生命保険をわざわざ解約してまで別の商品に切り替えるのは、イマイチよくわからないし、「損をしているかも?」と思っても目をつぶってしまいがちなところだよね。

スマートくん
スマートくん

昔から使われている、今で言うサブスク型のサービスで”事業の固定費”の概念が強いことからあまり見直しがされにくいのです。

memo

本記事で解説している《料金シミュレーター》は2021年度版のもので、2022年以降の料金は大きく値下がりしているので、事前ZOOM通話時に必ずご確認ください。

料金がお得になっていく理由

ご利用される方は、副業やスモールビジネスが大半を占めており、はじめてご提出頂く資料は事業利用とプライベート利用が当たり前のように混ざってしまっています。

スマートくん
スマートくん

スマカクのサポートを通して提出資料がしっかりと分けられていき、さらに基本的な知識も身につけて頂くことで、徐々にサポートの負担も減っていくと考えています。

料金シミュレーター(2021年度版)

料金シミュレーターの使い方について解説していますので、まずは今ご覧いただいている本記事の『各料金プランの解説』を確認してからアクセスしましょう。※こちらのシートでは2022年度分のご利用料金は計算できません。

スマートフォンからのアクセスの場合は必ず『スプレッドシート』のアプリを取得してからアクセスして下さい。

スマートくん
スマートくん

料金シミュレーターはスマカク費用の経費計上や、青色申告特別控除65万円の節税効果を踏まえたトータルの費用感を確認できます。まずは一度事前ZOOM通話でご相談ください!

スタンダードプラン

スマカクの基本的な機能を全て備えており、年間で予想される売上高が800万円以上の方が対象となってきます。年間での基本料金は120,000円(税抜)となっており、一月あたり10,000円~で年間通して様々なサポートが安価に受けられます。

スマートくん
スマートくん

コストパフォーマンスが高いのはもちろんですが、スマ確は他のサービスと比較して独自の料金システムにより収支計算がしやすいことも大きな特徴となっています。

注意

現在記載している料金シミュレーターの内容は2021年度版で、2022年度以降ご利用の方とは変わってくるので正確な料金についてはお問い合わせ下さい。

【全年度】予想年商1000万円のケース

まずは、売上高1000万円のケースのご利用料金イメージをかんたんに解説します。

【800万円~1000万円】の売上高(総経費)の方は、どのプランでも年間基本料12万円(税抜)に固定されます。

入力内容

上記画像のように入力していくと自動計算され、スマカクのご利用総額と節税効果のイメージが数値で見える化されます。

スタンダードプランで売上高が1,000万円だと、月あたり10,000円の料金になる例だね!

スマートくん
スマートくん

こちらを基本ベースで考えて頂き、1,000万円以上の売上高の方はご利用年度ごとの継続割引の対象になってきますので、あらためて料金表をご確認下さい!

【初年度】予想年商2700万円のケース

はじめてご依頼頂く方で、該当年の【1月1日~12月31日】の予想年商が2700万円、予想経費が2500万円のケースのご利用料金イメージです。

入力内容

①ご利用継続年数『初年度』、プラン内容『スタンダード』を入力
②事業の年間予想売上『27,000,000』円と、年間予想経費の『25,000,000』円を入力
③アルバイトやサラリーマンなど、給与収入があれば入力(ここでは年収4,200,000円)
スマ確の年間利用料と、一ヶ月あたりで割った費用のイメージが計算されます

上記のように入力していくと、ご利用金額と節税効果が自動計算されます。

節税効果と費用

①スマカクのご利用料金を”経費計上”することによる減税効果
②ご利用料金の合計から①を引いて直接減税された後の金額
白色申告と青色申告65万円の控除を比較した節税効果
④スマカクをご利用することによる節税効果合計
⑤すべての節税効果を引いたスマ確ご利用による実質的負担金額

実質的費用負担のイメージ

お金の流れを計算していくと、売上高2700万円の規模で事業を運営していて、スマカクのご利用料金を支払っているにも関わらず、税金を考慮すると利益相殺により『199,430円』まで減額され、青色申告65万円の控除まで計算すると、実質的に『4,430円』でご利用頂ける計算になります。

スマカクによる経理外注のサービス利用料は100%経費になるから利益を減らすことが出来て、さらに青色申告の65万円の節税を合わせたら、実質的にほぼ無料で利用できるってことだね!

スマートくん
スマートくん

スマカクのご利用による利益相殺と、青色申告特別控除の効果を考えたら、自分で白色申告することがいかに損しているのかがわかります。

青色申告の控除は申告方法(e-Taxなど)により控除額が変わってきますので、以下の記事をご確認下さい。

memo

節税効果に関しては入力外の個人の状況により大きく変わってくる可能性があるため、あくまでイメージとしてお考え下さい。

【継続2年目】予想年商1500万円のケース

ご利用継続2年目の方で、該当年の【1月1日~12月31日】の予想年商が1500万円、予想経費が1350万円のケースのご利用料金イメージです。

節税効果と費用

このケースでは、売上台帳スピード納品(1,500円)×3ヶ月分もつけてみました。

ご利用料金が『-¥67,335』とマイナス表記になっていますが、これは“節税効果”がスマカクにお支払い頂く金額よりも上回り、ご自身で作業を行って白色申告をするよりも結果的に『67,335円』プラスになっているというイメージになります。

さっきは実質無料レベルだったけど、今度はスマカクの利用料を凌駕するくらいの節税になってきたぞ…!

給与収入まで入力しよう

所得税は累進課税なので、個人の所得が総額で把握できないと正確に節税効果を算出できません。アルバイトや会社員でも、事業とは別で給与収入がある場合は必ず年間給与収入の欄を入力しましょう。

売上高に応じたスマカク継続特典

一般的には売上高が高く目立つ事業者ほど税務調査のリスクが上がります。そのことからもスマカクでは売上高が高い事業者の方ほど優先的に、且つサポート内容も充実させたいという考えがあります。

ご利用をご継続頂いた方には、売上高に応じた特典をご用意しています。

ご利用継続前年度の売上高3,000万円以上

・基本/テクニカルZOOM通話チケット×1回分ずつ無料付与

ご利用継続前年度の売上高5,000万円以上

・基本/テクニカルZOOM通話チケット×2回分ずつ無料付与

スマートくん
スマートくん

継続して頂くことでより深く経営に関してのサポートを行う事ができます。一期一会ではなく長いお付き合いが出来ることを願っています。

ミニプラン

ミニプランはスタンダードプランから会計サポートや経営サポートを削ぎ落とした内容となっており、「とにかく確定申告が終われば問題なし!」という方向けのプランになります。

年間で予想される売上高が800万円未満の方が対象となってきます。基本料金は48,000円(税抜)となっており、一月あたり4,000円~と売上高が小さい副業の方も安心です。(2021年度は年間42,000円)

【全年度】予想年商500万円のケース

該当年の【1月1日~12月31日】の予想年商が500万円、予想経費が420万円のケースのご利用料金イメージです。

節税効果と費用

ミニプランでは、ご利用継続による料率変更は無いのでご利用継続年数にカウントされません。

売上高800万円でスタンダードプラン料率に

売上高800万円×1.5%= 12万円(税抜)

このように売上高800万円でスタンダードプランの最低料金を超えてしまうので、売上高800万円未満の方向けと記載させて頂いています。

スマートくん
スマートくん

【売上高320万円×1.5%=4.8万円】~【売上高800万円×1.5%=12万円】の範囲がミニプランの料金範囲です。800万円を超えるとスタンダードプランと同料金となります。

プランによってサポートの充実度が変わってくるから、売上高が600~700万円を超えそうならスタンダードプランを検討してみてもいいかも!

ミニプランとスタンダードプラン

料金プランページの説明内容にも記載していますが、電話サポートチケットの回数や、経営サポートの有無、会計カリキュラム記事の共有数などの違いがあります。

memo

売上高800万円を越える見込みがあるのであれば、初めからスタンダードプランでご依頼いただいたほうがサポート内容は手厚くなりますので、事前ZOOM通話時にご相談下さい。

経理代行プラン

経理代行プランは経理状況をしっかりと確認したい方、より経営に関してサポートして欲しい方が対象となってきます。

直通ZOOMサポート

通常はLINE下メニューから通話日時をご予約頂いてからのZOOM通話となっていますが、経理代行プランはLINE上で通話のタイミングを確認して頂き、通柔軟に対応させて頂くことで疑問点が素早く解決できます。

スマートくん
スマートくん

経理代行プランは経理状況の報告などをはじめ、様々な付加要素がついてくるので安心して事業に集中できる他、ご利用者に寄り添った経営サポートを提供しています。

事業が軌道に乗りそうだし、経理のことは任せたいから『経理代行プラン』がピッタリかな!

【継続4年目】予想年商5200万円のケース

ご利用継続4年目の方で、該当年の【1月1日~12月31日】の予想年商が5200万円、予想経費が4700万円のケースのご利用料金イメージです。

節税効果と費用

経理代行プランでは電話サポートが無制限になったり、元帳の事前納品、定期的な経理状況報告など、様々な面で経営サポートが可能です。

事業の経理をリモートで擬似的に代行するイメージで考えるとわかりやすいね!

スマートくん
スマートくん

2022年度は上記の料金から大幅に割引された料金プランとなっています。詳しくは事前ZOOM通話時にご質問頂ければと思います。

経理代行プランをご希望の方

経理代行プランには様々な付加要素がありますが、追加オプションのように年間サポートの一部期間だけご利用するといったことはできません。変更の際はご利用を更新するタイミングにお伝え下さい。

帳簿チェックプラン

帳簿はご自身でつけているが、その他の会計サポートを受けたい方へは帳簿チェックプランをご提案しています。帳簿付けの作業が無い分、年間サポートプランよりも割安となっています。

こちらをご利用頂くことで、売上規模が大きい方なども飛躍的にコストを抑えた上で専門家のサポートを受けることが可能です。

会計カリキュラム付き

帳簿チェックプラン以上では、会計カリキュラム記事も付いているので会計についてのヒントや節税に関する情報も知ることが出来ます。

プラン名 対象となる方 料金
簡易チェックプラン 帳簿付けに関してアドバイスが欲しい方に 30,000円
帳簿チェックプラン 帳簿作成は自分でやりたいが、内容に不安がありサポートを受けたい方に 80,000円
詳細チェックプラン 売上高が大きくて自分で帳簿付けをしたいが、スマ確のサービスも受けたい方に 150,000円

こちらのプランは帳簿はご自身でつけていただいている分お安くさせていただいていますが、年間サポートプランとはサービス内容が異なりますので予めご確認の上ご依頼をお願いします。

スマートくん
スマートくん

帳簿チェックプランは3段階のグレードに分かれています。帳簿付けは自分でやりたい!という方は上記の3つのプランをご利用頂ければと思います。

簡易チェックプラン

ご自身で作成頂いた帳簿をチェックしつつ、記帳された内容についてのご質問にお答えいたします。

サポート内容

・60分の画面共有ZOOM通話×2回
・会計カリキュラム無し

会計上での不安がある方に

ZOOM通話で依頼時と申告前に年2回のZOOM通話サポートを行いますので、ご自身で帳簿付けをされているが内容に関して心配で専門家に確認したいという方は、お気軽にご利用頂けます。

帳簿チェックプラン

ご自身で作成頂いた帳簿をチェックいたします。損益計算書(PL)の内容や科目などの内容が間違っていないか、一般的に指摘されやすい箇所を指摘、修正致します。ZOOM通話以外にもLINEで簡易的な質問等に対応します。

サポート内容

・60分の画面共有ZOOM通話×5回
・会計カリキュラム『ミニ』
・融資、助成金、給付金等サポート
・専門家相談サポート
・簡易LINEサポート

簡易LINEサポート付き

帳簿付け等の質問に簡易的にサポート可能です。ご利用頂くにあたり、ZOOM通話とこちらの簡易LINEサポートで帳簿作成に関しては問題ないかと存じます。

詳細チェックプラン

事前に銀行口座やクレジットカード情報をご提出頂き、損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)を詳細までチェックしつつ、一般的に指摘されやすい箇所を指摘、修正致します。 また、ZOOM通話による帳簿チェックのほか、LINEによる会計サポートも行います。

サポート内容

・60分の画面共有ZOOM通話×8回
・会計カリキュラム
・経営サポート
・融資、助成金、給付金等サポート
・専門家相談サポート
・期末電話相談
・LINEサポート

会計カリキュラムとLINE会計サポート

こちらのプランでは、売上高が大きいがご自身で帳簿を作成して管理したいという方向けのプランとなり、会計カリキュラムやLINE会計サポートなど、年間サポート『スタンダードプラン』とほぼ同水準のサポートを受けることが可能です。

売上高が大きくて利用料を削減したい時は、自分で帳簿作成をすればスマカクのサポートを安価に受けられるんだね!

帳簿付けはご自身で可能という方は上記の3つのプランをご利用頂ければと思います。

指定月仕訳プラン

ご依頼期間が2ヶ月以下の場合、こちらのプランをご選択頂けます。

プラン内容

ご指定頂いた月の仕訳を行い帳簿作成をします。帳簿作成や試算表の納品までは年間サポートプランと同様にしっかりと対応させて頂いていますが、会計サポート等はありません。

memo

仕訳期間が3ヶ月以上ある場合は『年間サポートプラン』をご利用下さい。

お支払い方法とタイミング

いくつかのご入金方法を用意していますが、振込手数料等もありますのでご自身にあった入金方法をお選び下さい。

特にクレジットカード決済の場合はインボイス(請求書)を別途作成する必要がありますので、メールにクレカ情報の設定フォームが届きましたら7日以内の設定をお願いいたします。

その他の掛かる費用

スマカクをご利用のすべての方に掛かる、事務手数料等をご説明いたします。以下の費用に関しては事業年度ごとに一回のみ請求させて頂きます。

年間管理費

対象年度のファイル等の様々な管理による事務手数料を頂いています。こちらはご利用年ごとに掛かる費用となっており【プランに係わらず一律で3,000円】となります。

特急仕訳料金

スマカクでは仕訳を効率よく行えるように、仕訳作業のペースを一定に定めています。ご利用開始のタイミングが遅れるほどスマカクの仕訳業務にしわ寄せが発生するので、『特急仕訳料金』を請求しています。

ご利用開始タイミングによる特急仕訳料金

1-3月(継続利用など):0円
4-6月:3,000円
7-8月:4,000円
9-10月:6,000円
11月:8,000円
12月:10,000円
翌1月:12,000円

以上のことから、ご利用開始はお早めにして頂くようにお願いしています。特に、12月以降の繁忙期シーズンからのご利用開始の方は『確定申告期限内での試算表の納品をお約束できない可能性』がありますのでご注意ください。

また、ご利用の更新期限《3月31日》を過ぎた場合、再度新規のご利用開始扱いとなりますのでご注意ください。

スマートくん
スマートくん

1月から資料提出を毎月行って頂き、仕訳作業ペースの均一化にご協力頂けている方と、年度末に12ヶ月分をまとめて資料提出される方とで差を設けています。

たしかに年末の繁忙期に前年度の1年間分をまとめてだと、作業ペースに影響を与えちゃいそうだね。継続利用の場合は《特急仕訳料金》が掛からないから早めに更新しておこう!

ご利用開始後の特急仕訳料金

長期間連絡がとれなかったりなど、資料提出が2ヶ月以上を遅れると特急仕訳料金の対象となってきます。

ご利用頂いた月が早かったとしても、資料提出をコンスタントに行っていただかないと仕訳作業ペースが乱れてしまうため、こちらもご協力を頂いています。

スマートくん
スマートくん

ご依頼後に連絡が取れなくなるなど、結果的に仕訳ペースに影響が生じた場合に特急仕訳料金が発生してしまうのでご注意ください。

ご入金方法

銀行振込

銀行振込の場合の振込手数料はご負担下さい。ご入金の確認が平日の日中となりますので確認までお時間を頂く場合がございます。最大で2営業日ほどお時間頂く可能性があります。

また、分割決済には対応していません。

クレジットカード

クレジットカード決済は『StripePayments』による決済代行サービスを利用しています。お預かりしたメールアドレス宛にお送りした、クレジットカード決済フォームに情報をご入力頂ければ即時決済でお支払い可能です。

一括決済

クレジットカードで一括決済することで、決済後にカード会社側の支払設定で後から分割決済を設定して頂くことで、ご自身でお支払い金額を調整することが可能です。

分割決済(継続ご利用の方のみ)

スタンダードプランで3月に継続ご利用が確定した場合、初回決済1~3月の合計3回分の『税込33,000円』 のお支払いで、その後は12月の決済分まで毎月1日に『税込11,000円』 の定期決済となります。

スマートくん
スマートくん

ご利用初年度の方はクレカ分割決済はご利用できませんのでご注意ください。

初回お支払いのタイミング

【”各プランの基本料金”、”年間管理費”、”特急仕訳料金”】の初回決済が済んだ時点でご利用開始となります。(2022年度~)

その後のお支払いは、6月末の時点で差額分の発生があれば中間決済、翌年2月末頃の試算表等の納品前に確定料金の差額分の決済となります。

また、【基本料の分割決済】は2年目以降の継続利用の方のみとなっています。

スタンダードプラン

スタンダードプランの基本料金は120,000円です。年間サポート費用は『税込132,000円』となります。

分割決済(2年目以降の継続利用の方のみ)

10,000円×ご利用開始月+年間管理費+特急仕訳料金+税 = 初回ご請求金額

ミニプラン

ミニプランの基本料金は48,000円です。年間サポート費用は『税込52,800円』となります。

分割決済(2年目以降の継続利用の方のみ)

4,000円×ご利用開始月+年間管理費+特急仕訳料金+税 = 初回ご請求金額

経理代行プラン

経理代行プランは『120,000円+6,000円×[翌3月までの残り月数(最大72000円)]』で、これに消費税分を掛けた料金が年間基本料となります。

分割決済(2年目以降の継続利用の方のみ)

10,000円×ご利用開始月+6,000円×[翌3月までの残り月数] +年間管理費+特急仕訳料金+税 = 初回ご請求金額

スマートくん
スマートくん

経理代行プランは『最低料金として48,000円(税抜)』が掛かりますので、残り月数が8ヶ月を切る場合は最低料金をご利用開始月にまとめてご請求となります。

納税時期と確定決済時期の期間

所得税や消費税の納税は、振替納税を申請することにより4月の中旬まで納付期限を延長させることができますが、納税や支払いが重なる時期は事業者にとっては目をつむりたくなります。

個人事業でも同じ課税所得であれば、結果的に納付する税金はおおよそ同じ程度になります。

スマートくん
スマートくん

サラリーマンの源泉徴収など、会社が予め税金を差し引いてくれる場合は納税する感覚が非常に乏しいのですが、個人事業主は自分で1年分を納付する為、いわゆる『痛税感』に苦しめられます。

スマカクの確定決済は2月末~3月初旬頃、所得税の振替納税は4月20日頃、消費税の振替納税は4月25日頃で決算期に支払いが集中しているね。

売上高に応じた基本料金

スマカクの確定決済時期と税金の納付時期が非常に近いことから、同時期に多額の支払いが発生してしまうと予想できます。

このような事態を未然に防ぐために、売上高が3,000万円以上が想定される事業者の方には【基本料金の底上げ】を行っています。

チェック

最終料金は売上高(もしくは総経費)で決定されるので、お支払い総額に相違はございません。
万が一、『ご利用料金の総額が底上げした年間基本料を下回った場合』は返金で差額調整が可能です。
お支払いが集中する時期の決済金額を減らすことで、資金繰りの調整がしやすいような措置となります。

売上高3,000万円以上が予想される方

年間基本料:180,000円
1月あたりの分割決済:15,000円(ご利用2年目以降~)

売上高6,000万円以上が予想される方

年間基本料:240,000円
1月あたりの分割決済:20,000円(ご利用2年目以降~)

スマカクの確定費用や税金のことを考えずに、仕入れに売上金を使っちゃったから現金が手元に無い…!

スマートくん
スマートくん

事業を行っていると所得税や住民税の支払い時期に資金繰りが苦しくなってきます。支払いを予め分散させることで資金ショートを防ぐことができます。

まとめ

料金シミュレーターは正確に入力しないと誤った料金が計算されてしまいますので、本記事の内容を必ず確認しながらご利用頂ければと思います。2022年度分のシミュレーターは近日公開予定となっています。

ご検討中の方へ

料金の総額だけではなく、料金シミュレーターで計算された節税効果や、ご利用後に提供するサポート、会計カリキュラムによる節税や有料情報の提供などを加味した上でご利用を検討下さい。

スマートくん
スマートくん

料金プランに迷ったらお気軽にLINE公式アカウントから事前ZOOM通話をご利用ください!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事